薄毛に有効な成分

薄毛に有効な成分

代表的な薄毛に有効とされる成分について解説する。。以前、前立腺肥大症の治療薬として、男性ホルモンを抑制する作用のある「フィナステリド」が使用されていた。後々、副作用により脱毛防止効果が発揮されることが発覚し、次第に育毛剤などに用いられるようになった。「ノコギリヤシ」とは北米の南東部の海岸地帯に生えているヤシ科の植物のことを指す。実はノコギリヤシから抽出されるエキスにも、フィナステリドと同様、前立腺肥大の予防改善効果が期待されている。男性ホルモン、いわゆる5αリダクターゼにはI型とII型があり、デュタステリドにはI型、II型ともに抑制する力を持つ。血行促進作用のある「ミノキシジル」と言えば、高血圧患者に処方される血管拡張剤の一種であり、副作用として多毛症がある。

薄毛治療 その3

薄毛治療 その3

薄毛は何らかの体内変化により引き起こされるものだ。まず、薄毛になる前の状態にし、薄毛になる前と後の変化をじっくり観察するとよいだろう。そして必要に応じ、育毛に欠かせないサプリメントで栄養を補うのである。その他には、身体の余分な脂肪を燃焼させて、基礎代謝を上げるのもひとつの手だろう。基礎代謝が下がると、血行が悪くなり、髪が痩せ細ってしまう恐れがあるからだ。基礎代謝を上げるための手っ取り早い方法と言えば、ジョギングやウォーキングである。美容目的で行う場合には、最低でも週2回続ける必要があるだろう。体重が落ち始めれば、きっと髪の状態が劇的に回復するはずである。さらに、薄毛対策として、縄跳びやダンベル体操などの有酸素運動を積極的に行うことをおすすめする。

育毛薬の注意点

育毛薬の注意点

現在、アメリカ、インド、タイなど、世界各国で製造されている育毛薬を入手可能である。ここで注意すべき点は各々の国で製造された育毛薬はフィナステリド、ミノキシジルなどの成分の配合や製法が異なる点だ。例えば、プロペシアを服用していた時は順調であったが、金銭的な理由からジェネリックに替えた途端に髪の調子が悪くなったというケースはよくある。あるいは、ジェネリックから別のジェネリックに変更しておかしくなったというケースもあり、育毛薬の変更には十分注意すべきである。髪の調子が良い時はむやみに育毛薬を替えないのが賢明と言えよう。最も安定した効果が得られやすいプロペシアであるが、効果があまり見られない場合には、早急に使用を止め、医師による支持を仰ぐ必要がある。

【結論】薄毛克服

【結論】薄毛克服

まず最初に、自分の体質に合った育毛剤を念入りに調べる必要がある。その際、気になる育毛剤を数点と、サプリメントを用意すること。気になったものはすぐに使用を開始し、効果が見込めなければすぐに使用を中止する。くれぐれも引き際が肝心であることを心に留めておくこと。さらに、シャンプー選びにも妥協は許されない。健康な頭皮や髪はPH4.5〜6.5の微酸性から弱酸性の状態であるため、弱酸性のシャンプーを選ぶことが前提条件である。準備が整い次第、後は基礎代謝を上げることにひたすら専念する。薄毛が克服できたらと言ってすぐに止めてしまうのはNGだ。「継続は力なり」という言葉にもあるように、習慣づけることが大切なのだ。頭髪の問題はもちろん、心身ともに若さと健康を取り戻すことできて初めて真の意味での成功を手にすることができる。

薄毛の原因 その2

薄毛の原因 その2

アルコールの飲み過ぎにも十分注意しなければならない。アルコールを飲むと、システインやメチオニンのアミノ酸が肝臓に入る。すると、髪に栄養が回らなくなり、薄毛の進行を招いてしまう。老化が進むと、頭皮が硬くなり、血行が悪くなる。それが脱毛の原因にもなってしまうわけである。以上の3点は薄毛克服において大変重要な点であるためぜひ押さえておいていただきたい。さらに、薄毛の克服には強い信念を持つことも大切だ。育毛剤などを毎日使用しただけで、髪がフサフサになるものでは決してない。薄毛治療に必要なのは、「絶対に克服してやろう!」という強い信念なのだ。ダイエットなどと同じく、面倒になって途中で投げ出してしまった時点でこれまでの努力が水の泡となってしまうのだ。

薄毛治療 その1

薄毛治療 その1

次に、具体的な薄毛治療について解説する。現時点では確実に薄毛が治る方法は存在しない。薄毛の原因として考えられている男性ホルモンの影響、生活習慣、遺伝、年齢、老化の進行度などは人により異なるがゆえに、体内の薄毛原因を特定することが困難であるためである。さらに、薄毛治療薬の効き方にも個人差がある。そもそも薄毛を100%完治させる薬は存在しないのだ。お金と手間が多少かかるだろうが、様々な薄毛治療法を試すことが薄毛克服の近道とも言えるかもしれない。年齢を重ねるうちに、老化の因子が加わり、薄毛克服のハードルがますます高くなる。高いお金を払って病院やサロンで色々な薄毛治療を試すか、あるいは自分に最適な薄毛治療法を自分自身で探すかの二者択一に迫られている。自分に最適な治療法を見つけ出せれば、必ず3ヶ月で効果が出ることだろう。

薄毛治療 その2

薄毛治療 その2

薄毛治療については、病院などに頼らず、自分自身の手で行うのが最も経済的だ。最適な治療法も見出せやすく、賢明策とも言えよう。自分で治療を進める前に、まず自分自身の薄毛の原因について確認する必要がある。間違った治療をしないためにも、AGA・薄毛専門クリニックで無料カウンセリングを受けるのが第一手だ。男性の場合、髪痩せは20〜22歳から始まっている。もちろん、そのスピードには個人差がある。以前に比べ髪のボリュームが半分になれば、それだけで髪が薄くなったと錯覚するだろう。その結果、髪が切れやすくなる。髪が根元から切れるようになれば、当然頭皮が透け始める。この場合の原因が男性ホルモンではなく、老化である。したがって、老化対策として薄毛治療を行う必要がある。

薄毛の原因 その1

薄毛の原因 その1

薄毛の原因として代表的なものと言えば、男性ホルモン、遺伝、生活習慣(食生活、睡眠)、ストレス、老化、不潔などだ。なかでも男性ホルモン、食生活、老化との関係については回避不能だ。男性ホルモンとの関係に着目すると、酵素と結び付くことでジヒドロテストステロンに変化し、ヘアサイクルが乱れ、その結果脱毛が進んでいく。また、肉食を主体とした欧米の食文化が日本に入り込んだことも一因である。動物脂肪を摂り過ぎてしまうと、頭皮の皮脂が過剰に分泌し、その結果脱毛が引き起こされる。さらに、糖分の摂り過ぎにも要注意だ。カロリー消費は糖分をエネルギーに変えるため、脂肪が溜まりやすくなり、その脂肪が皮脂として頭皮から分泌されやすくなる。その結果が薄毛の進行というわけである。